超熟睡安眠枕

サイトマップ
ヘッダー画像

首の凝らない枕

安眠枕

世の中にはたくさんのFX取引の方法があります。それこそ無料から数万、数十万までする必勝法もあります。同じシステムを選んでもうまくいく人もいれば、うまくいかない人もいます。いろいろなシステムのある中で、どうのようにすれば、あなたに適切なFX取引システムを選ぶことができるのでしょう そのことを決める前に、まず自分自身に幾つかたずねて見る必要があります。我々は人間としても、もちろんFXトレーダーとしても、ひとりひとり違っています。好みや、目標、どこまでリスクに耐えうるかも違いますし、そして何より、FXトレードできる時間や費やせるお金も異なります。 まず、最初に知っておきたいのは自分がストレスやプレッシャーに強いかどうかです。短い時間でいつまでにしなければならないとか、締切に追われることに強いストレスを感じたり、過剰にプレッシャーを感じたししませんか? 中にはそういったプレッシャーの中でこそ能力を発揮できる人もいますが、逆に思うように実力を出せない人もいます。ストレスを感じやすい人は長期での取引が望ましいかもしれません。ただし、長期戦略は含み損との戦いでもあるので、これもまたストレスの一員となるかもしれませんが。。。 FXのスキャルピングやデイトレードは短期間での取引ですから、集中力も必要ですし、またストレスも感じやすいです。それと違って日足や週足を使った取引だと、かける時間も少なくて済みますし、またポジションサイズを間違わなければ含み損のストレスも少ないでしょう。 FXトレードに費やせる時間も短期取引か長期取引を選ぶ一つの理由になります。一日が忙しくて、あまり時間を取れない人でも、日足や週足の取引だと、チャートチェックはそれほど時間がかかりません。 逆にスキャルピングやデイトレードだと取引時間中はあまり目を離せなくなります。兼業では取引時間を確保することにそもそも苦労するかもしれません。 あと取引に用いることができる資金もトレードスタイルに大きく影響します。 FXの口座開設はそれこそ1万円からでも可能ですが、1万円からトレード開始して果たしてどれだけ利益を得ることができるでしょう。 日本のFX会社だと基本的には25倍までのレバレッジですが、それをすべて使用できるわけではありません。実際はせいぜい2−3倍のレバレッジ、多くても10倍までに制限しないと結局資金を溶かしてしまうことになります。海外の200倍や500倍のレバレッジだと1−2万円などあっというまになくなります。 レバレッジが高いほうが良いように思われている方もいますが、決してそうではありません。資金管理はFX取引に限らずあらゆる取引で最も大事なことです。 もし仮に、fXに投入した資金が自分のすべての資金であった場合、20倍のレバレッジで取引するのは自殺行為です。適切にレバレッジをかけて取引するのはもちろん証拠金取引の利点ですが、ほんのちょっとした値動きでストップにかかるような取引をするのは勝率が低くなっておすすめできません。かと言ってストップにかかるときはすべてに資金を失うような取引もだめです。 ストップは安全に資金を確保して損切りできる位置にしなければなりませんし、それはシナリオが間違っていたときに起きるように設定します。その時の損失は総資金に対して数%以内にしなければならず、自ずとレバレッジわかってくるでしょう。

FX取引


FX

FX初心者



FX

サンプル


最後に

FX取引

FX取引